CTCグループ健康保険組合

CTCグループ健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

お問い合わせ

医療費が高額になったとき

医療費の自己負担には「限度額」があり、一定の基準に基づいて計算した自己負担額が限度額を超えた場合、超えた額が「高額療養費」として支給されます。
また、当組合では組合独自の付加給付(一部負担還元金)制度がプラスされ、いずれも自動的に支給となりますので原則として手続きの必要はありません。(高額療養費及び付加給付金は会社経由で振込みます)
ただし、義務教育期間中の子供の場合は、自治体(都道府県や市区町村)の医療助成制度給付金との二重給付を防ぐため、一旦支払いを保留して、当組合より該当の方にご連絡します。内容をご確認いただいた上で、申請が必要な場合には、当組合へ申請書及び確認書類を提出していただきます。
また、骨折などの「外傷的な病名」で受診した場合、ケガの原因が判明するまでは、高額療養費や付加金の給付を保留させていただくことがあります。(負傷原因確認後に支給)

医療費の窓口負担を減らしたいとき

必要書類
対象者 1ヵ月の医療費の窓口負担が自己負担限度額を超える見込みである、被保険者・被扶養者
お問合せ先 健康保険組合
備考 入院・外来のどちらでも利用できます。
認定証の適用は、申請書の健康保険組合への到着日の属する月の1日からとなります。前月に遡及することはできません。

医療と介護の自己負担が高額になったとき

必要書類

【添付書類】
介護保険の自己負担額証明書

提出期限 すみやかに
対象者 同一世帯内で医療と介護ともに自己負担があり、1年間に両制度でかかった自己負担の合計額が、限度額を超えた被保険者
お問合せ先 健康保険組合
備考 1年間:前年8月1日~7月31日で計算

本人(家族)高額療養費・一部還元負担還元金の申請

必要書類

【添付書類】

  • 医療機関・調剤薬局の領収証の写し
  • 義務教育期間中の子供の申請の場合は、自治体(都道府県や市区町村)の「乳幼児・子ども医療助成制度」に該当しないことがわかる通知書、または制度内容がわかる案内(資料)等の写し
提出期限 すみやかに
対象者 給付該当受診月後に退職する被保険者およびその被扶養者
義務教育期間中の被扶養者
お問合せ先 健康保険組合
備考  

ページ先頭へ戻る